本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

多峯主トレラン日記 112回目

2018-10-22
ひだまり山荘の荻原です。
 
けさも10月らしいきれいに晴れ上がった空でした。
多峯主山頂からは
雪を被った富士山がバッチリ望めました。
 
山から下りてロードを走っていると
いたるところで雌のカマキリが目につきます。
 
このカマキリも、
タマゴを産んだらまもなく寿命が尽きるのですね。
 
話が変わってプロ野球ですが、
クライマックスシリーズは
残念ながら西武ライオンズは負けてしまいました。
 
きょうから応援ありがとうセールを行っています。
ぜひご来店ください。
 
 

ひだまり山荘トレラン部(正丸峠~丸山~横瀬駅)

2018-10-22
ひだまり山荘の荻原です。
 
10月21日(日)は、
ひだまり山荘トレラン部22人で
正丸峠から川越山、虚空蔵峠、大野峠、丸山を越えて、
金昌寺から横瀬駅までの19.6㌔をトレランしてきました。
 
カラッと晴れ上がり最高の天気でした。

8時40分に西武秩父線正丸駅をスタート。
 
正丸峠を目指してみんなガシガシ登っていきます。
さらに川越山までは急な登り下りの連続です。
 
虚空蔵峠で車道に出ますが、
またすぐトレイルへ入り、大野峠を越えて、
急な歩幅の合わない木の階段を登りきると、
視界が開けた896㍍の鍬柄山のピークにでました。
 
山頂では、
いままさに飛び立とうとしているパラグライダーに遭遇しました。
ちょうどお昼時間でもあったので
飛び立つのを待ちながらランチタイム。
 
パイロットの人と会話を交わしながら
30分以上待ちましたが、
結局いい風が吹かず、うしろ髪をひかれながらその場を離れました。
 
今度は、丸山を越えて下っていくと
草陰にウリボウ(イノシシの子供)を発見。
 
ウリボウは隠れているつもりが
恐ろしさのあまり震えていて草木が揺れています。
しばらく様子を見ていると、
ついに草むらから飛び出し、
林道を突っ切って山の中に消えていきました。
 
そのあとサルの集団にも会いながら金昌寺を越えて
横瀬駅へゴールしました。
 
ひだまりスタッフの石川操が先頭を引っ張り、
そのあとを男19人、女2人が、
わりといいペースで走れたいいランでした。
 

■西武秩父線正丸駅(8:40)→正丸峠(9:28)→川越山(9:45)→虚空蔵峠(10:26)
 →大野峠(11:19)→丸山(12:13)→横瀬駅(13:48)
■累積標高 登り1013m/下り1064m
 
 
旧正丸峠からの登り返し
虚空蔵峠
パラグライダー見学
テイクオフするか?
丸山にて
ウリボウ
金昌寺

ひだまり山荘飯能店でノルディックウォーキング講習会をしました

2018-10-20
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょう、ひだまり山荘飯能店では、
ノルディックウォーキングの講習会を行いました。
 
講師は日本ノルディックウォーキング協会の理事で、
ノルディックウォーキング講習では定評のある
マスタートレーナーの伊藤義昭さん。
 
準備体操をしっかりやってから
飯能駅南口をスタート。
美杉台公園から割岩橋を回って2時間弱の講習でした。
 
ノルディックウォーキングは、
ふつうのウォーキングにくらべ、
運動量が多くなり、
全身の筋力アップも図れます。
 
きょうは天気に恵まれ、
皆さんに楽しんでいただきました。
 
さて、11月18日には、
飯能のメッツァビレッジで
1年に1度のノルディックウォーキングの祭典、
ノルディックウォーキング・フェスティバルが開かれます。
全国から2000人も集まりますよ!
 
ポールをもって参加しましょう。
 
 
 

多峯主トレラン日記 111回目

2018-10-20
ひだまり山荘の荻原です。
 
けさは1時間以上早く家を出て
多峯主山へ向かいました。
 
山は北風が吹いていて肌寒かったです。
 
それでも空には久しぶりの青空が広がっていました。
 
10月とは本来こういう天気なんだよなと思いながら
木漏れ日の森を気持ちよく走りました。
 
ひだまり山荘も秋冬物が充実してきました。
ことしの新作をぜひご覧ください。
 
多峯主山より
天覧山と飯能市内
雲をまとった富士山
龍崖山を望む

多峯主トレラン日記 110回目

2018-10-19
 
ひだまり山荘の荻原です。
 
朝方まで雨が降っていたので、
濡れた道を多峯主山へ向かいました。
 
空は厚い層雲に覆われ、所どころ乳房雲が垂れています。
 
山の中に入ると
薄暗く不気味な雰囲気でした。
 
多峯主山山頂に着くと
西の方が雲が厚く、また降り出しそうな雲行きでした。
 
紅葉はまだですが
深まりつつある秋を感じました。
 
きょうは、夕立ちや久しぶりの虹など、
一日中、不安定な秋の気候でした。
 
 
秩父方面を望む
龍崖山を望む
TOPへ戻る