本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ひだまり山荘トレラン部で走ってきました

2018-10-18
ひだまり山荘の荻原です。
 
ひだまり山荘では、
これからトレランを始めたいけどどうすれば…?
どこに行けばいいの…?
そんな皆さんと月に1回トレランをしています。

今月は10月14日(日)に開催しました。
 
総勢10名でひだまり山荘からスタート。
多峯主山から飯能アルプスの一部をゆっくり走ってカマド山へ。
 
そこから西武線の武蔵横手駅に下り、
帰りは電車で飯能に戻りました。

天気は曇りで、少し肌寒い陽気でした。
 
写真に写っている皆さんの顔を見ると
しっかり楽しんでいただけたようです。
 
次回は11月10日(土)の8時からです。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
 
■ひだまり山荘(8:30)→多峯主山(9:05)→久須美(9:50)カマド山(10:27)→武蔵横手駅(10:56)
■走行距離10㎞
■高低差196m 登り358m、下り370m
 
 
 
先日の台風の爪跡

第136回ひだまり山の会 西上州・御荷鉾山

2018-10-12
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょうはひだまり山の会の会山行でした。
総勢20人で西上州の御荷鉾山(みかぼやま 1,286m)に登ってきました。
 
朝は雨降りでしたが、
関越道路の本庄児玉インターを降りる頃には止んでいました。
 
神流川に沿って国道462号線を進み
神流町役場の手前を右折し、
県道71号線をマイクロバスでズンズン登っていきます。
 
西御荷鉾山西登山口に9時40分頃到着。
ここは既に標高1000㍍以上あり、
西御荷鉾山までは約200㍍登るだけです!
 
結構な急登もありましたが40分で山頂へ。
 
200㍍しか登っていないのですが
ここはすでに1286㍍です。
北側には榛名山、南西側には秩父の両神山と二子山を眺めながら、
広々とした山頂で
みんな思い思いに芝に座って少し早いランチタイム。
 
 
西御荷鉾山
両神山を望む
11時25分出発。
急な下りを、滑らないように気をつけながら約250㍍降りると
投石峠で林道に飛び出し、
こんどは東御荷鉾山を目指して先ほどよりもさらに
急な登りが待っていました。
 
時折、
冬が待っているような北風が吹いて、ハッとさせられました。
 
1時間半の登りで東御荷鉾山(1246m)到着。
ここからは武甲山も望めました。
 
山頂から約300㍍、急だけど気持ちの良い下りで石神峠へ。
途中、樹木越しに、御荷鉾山の、
特徴的なかわいい三角形の山容が見られました。
 
石神峠できょうの山行は終わり。
みんなでマイクロバスに乗り込みました。

■西御荷鉾山登山口(10:06)→西御荷鉾山(10:42~11:29)
 →投石峠(12:00)→東御荷鉾山(12:59~13:18)→石神峠(14:12)
■歩行距離:5㌔
■累積標高上り/445m 下り/647m
 
振り返ると西御荷鉾山
東御荷鉾山
石神峠への下り

デサントフェア開催です

2018-10-11
池袋店の五味です。
 
西武池袋本店8階、SEIBU SPORTSでは、
デサントフェアを開催しております。
 
■会期:2018年10月10日(水)~23日(火)
 
ひだまり山荘では、
秋のアウトドアシーンにおすすめの
ウェアや雑貨を取りそろえました。
 
クーポン券プレゼントやお買い上げ抽選会など、
お得な企画もご用意しております。
 
おすすめ品はこちら。
マーモット ウィメンズ1000イースダウンジャケット  29,800円(本体価格)
カラー:モーブ、ダークネイビー
サイズ:S~XL
 
良質で希少なホワイトマザーグース1000フィルパワーダウンの羽毛に、
はっ水加工を施した軽量で保温性の高いダウンジャケット。
静電気を抑制する静電糸使用。
2in1仕様で、
防水のジャケットの内側に取り付けて着用することができます。
 
冬が少しずつ近づいています。
ぜひ、ひだまり山荘で、
あたたかい、お気に入りのアイテムを見つけてみてください。
 
ご来店、お待ちしております。

ノルディックウォーキング講習会開催のお知らせ

2018-10-10
第8回ノルディックウォーキングフェスティバルが
11月18日に会場を飯能のメッツアビレッジに移し
開かれます。
それに先駆けてひだまり山荘でノルディックウォーキングを
体験してみませんか‼

多峯主山トレラン日記 105回目&ハセツネ

2018-10-09
スタート前、モンチュラブースにて

ひだまり山荘の荻原です。

 

朝から青空が広がっていました。

起きるとすぐに多峯主山に向かいました。

山頂に着くと、きのう、おとといにかけていた奥多摩の山々は雲の中でした。

 

というのは、7日から8日にかけて、

奥多摩で行われた日本山岳耐久レース(ハセツネカカップ)に

参戦していました。

しかし、ことしは浅間峠(第一関門)でリタイヤ。

全コースで71,5㌔のうちの22,55㌔地点です。

 

醍醐丸から生藤山(20㌔地点)の巻き道あたりから

急に身体が動かなくなり、第一関門で15分考えて、やめてしまいました。

 

練習不足でした。

それが、何が何でもゴールまで行くという気持ちを保たせませんでした。

 

生半可なトレーニングでは到底ゴールなんてできない、

ハセツネの厳しさを改めて知りました。

 

多峯主山では、台風24号で荒れた道ながら、

木の間から射す朝日がきれいでした。

モンチュラブースの前で仲間たちと
モンチュラブースの前で仲間たちと
信越5岳100㍄レース初代チャンピョンの奥宮俊祐さんと
山岳王の望月将吾さんと
RUN塾の北島良子さんと
スタート前
ハセツネ3連覇の高村さんと
リタイヤの身体をメンテナンスしてもらいました。効くー!
ファントレイルズの100K&50Kのポスターできました
TOPへ戻る