本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トップアスリートサンプロテクトファイター

2018-07-31
ひだまり山荘の荻原です。
 
長いタイトルで何のことやらとお思いでしょうか。
簡単にいうと日焼け止めクリームの商品名です。
 
アスリートのパフォーマンスを上げるために作られた、
通常の日焼け止めとはちょっと違った日焼け止めクリームなのです。
 
何が違うかというと
①汗や水に強い
②激しい動きに強い
③塗り直し不要

肌のダメージは、再生するのに多くのエネルギーが必要なんだそうです。

日焼けしてしまうと、
本来は筋肉や内臓のパフォーマンスを高めるためのエネルギーが、
日焼けしてしまった皮膚の方で使わなくては
ならなくなってしまうのです。
 
そのために、
大量の汗や激しい雨でも落ちない日焼け止めクリームが必要、
というわけです。
 
現在多くのアスリートが
このトップアスリートサンプロテクトファイターを
使ってその良さを実感しています。
 
また、このクリームは、
単に日焼けを防ぐだけでなく、
皮膚の防御機能を高めるそうです。
 
僕も、先日北アルプスの表銀座縦走に行ったのですが、
すごい日差しでした。
1日おきの朝に塗ってみましたが、
それだけで日焼けの実感がありませんでしたよ。
 
ひだまり山荘飯能店でお取り扱いしています。
機能などご説明いたします。
 
ぼくの、ことしイチ押しの商品です。
ぜひお試しください。
 
下記、ひだまり山荘ネットショップの
「トレランプラス」からでもお買い求めできます。
 
 
 
 
 
 

多峯主山トレラン日記 77回目

2018-07-31
 
ひだまり山荘の荻原です。
 
けさの多峯主山山頂の気温は27℃でした。
また暑さがぶり返してきました。
 
多峯主山から八幡神社、雨乞池と下って行くと、
男坂と女坂の分岐で
常連さんたちがベンチに並んで座っていました。
 
みなさんいい顔していたので
写真を撮らせていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 

マイ・ヘルメットをおススメします

2018-07-30
池袋店の五味です。
 
暑いですね。
早くも先月末に関東は梅雨明けし、
夏山シーズン真っただ中です!
 
今シーズン出かける予定のかたは
ウェアや装備の準備は整ったでしょうか?
 
ご存知の方も多いと思いますが、
近年、富士山や北アルプスの槍・穂高岳など、
ヘルメットの着用を推奨する地域が増え、
所持率も上がっています。
 
ヘルメットが必要な理由は、
「落石などの落下物から頭部を守るため」です。
 
ルートによっては登山者が増え
混雑が原因で落石が起こりやすくなっていたり、
雪渓での落石も、年々多くなっているようです。
 
自分自身の安全は、
自分で確保することをおススメします。
 
また、転倒時、
頭を守ってくれる場合もあります。

おススメのヘルメットは…、
ミレー エキスパートヘルメット 13,000円(本体価格)
カラー:レッド
サイズ:フリー
 
 
登山、クライミング用ヘルメット。
サイズ調整可能で、240gと何と言ってもとっても軽量です。
マグネット式あごひもで開閉も簡単。
ヘッドランプ固定用フックも付いています。
 
ヘルメットをザックに装着するアイテムはこちら…、
ミレー ヘルメットホルダー 1,500円(本体価格)
カラー:ブラック
 
 
 
4ヶ所のフックをザックのギアループや
コンプレッションベルトに取り付けることで、ヘルメットを固定できます。
ヘルメット着用時は、小さく折り畳んで収納可能。
 
しっかり準備をして、
安全で楽しい山行にしてくださいね。
 
ウェアや装備のご相談は、
ひだまり山荘まで、いつでも承っております。
ご来店、お待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 

ジョージマン北 身延までの140km、ひとり旅

2018-07-30

ひだまり山荘の荻原です。

 

けさは

ひだまり山荘トレラン部のメンバーであり

お笑い芸人でトレイルランナーのジョージマン北が
10時20分、飯能駅前をスタート。

ロードで身延までの140km、ひとり旅に向かいました。


頑張れジョージマン北

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひだまり山荘海外トレッキングツアー・オーストリアアルプス⑤

2018-07-29
ひだまり山荘の荻原です。
 
7月11日
シュラートミング山塊縦走2日目、
イグナス・マッテス小屋は朝から雨降りでした。
 
 
止むという天気予報に望みを託し
出発を少し遅らせました。
 
この日は、ギグラッハ湖(1986m)から南西の
ロートマンドルシュピッツェ峰(2,453m)に登り、
カインプレヒト小屋を経由してエッシャハアルム(1213m)という
登山口まで下る予定でした。
 
登山最終日であり、
素晴らしい眺望が続くコースということでしたが、
きのうからの雨で
登山道がかなり滑りやすくなっていると思われるので、
ロートマンドルシュピッツェ峰の登頂はあきらめて、
別ルートで下山しました。
 
 
その下山ルートも、
天気が良ければダハシュタイン山群を正面に見ながらの
楽しいトレッキングになるはずでしたが、
あいにくエッシャハアルムへ下山する直前まで約5時間、
雨降りでした。
 
しかし途中にランチで寄った山小屋は
とてもおしゃれで、
リゾート気分で食事ができました。
ウィンナーシュニッツェルまでありました!
 
 
 
そしてエッシャハアルムからは
タクシーでシュラートミングまで行き、
手ごたえのあるオーストリアアルプスのトレッキングが終わりました。
13時45分エッシャハアルムへ下山
 
 
 
 
 
TOPへ戻る