本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

多峯主トレラン日記  14回目

2019-01-21
ひだまり山荘の荻原です。
 
多峯主山の気温は3℃。
北風が吹いていて寒い朝でした。
 
きようは新しいシューズをおろしました。
 
入荷したばかりの、
2019年新商品、
レイドライドのレスポンシブ・ウルトラ・シューズです。
 
厚底で軽量、
ラストはワイドシェイプのRLリラックスラストです。
見た目ではわかりにくいですが、
つま先が広くなっていて、
長距離のトレランでも
足の爪を痛めにくい構造になっています。
 
スタックハイトは19㍉から25㍉の厚底なので、
不安なくガンガン攻めていけます。
 
ソールのブロックは3㍉と浅めですが、
多峯主山の滑りやすい赤土でも
しっかりグリップしていました。
 
このシューズ、まだ1日目ですが
なかなかいい感じでした。
 
価格:¥20,000+税 
重量:270g
カラー:メンズ:ブラックxレッド(25.5cm~29cm)
        ネイビーxブルー(25.5cm~29cm)
    ウィメンズ:ネイビーxピンク(22.5cm~25.0cm)
 
メンズ:ブラックxレッド(25.5cm~29cm)
ウィメンズ:ネイビーxピンク(22.5cm~25.0cm)

スノーブーツ 扱っています

2019-01-20
所沢店の成田です。
 
ひだまり山荘ではキャラバンのスノーブーツをあつかっています。
 
どのブーツも雪や凍結路面で滑りにくいソールを持ち、
防水性も高く保温性もバッチリです。
といっても雪国への旅行だけでなく、
ふだんの生活で履けるように開発されていますよ。

レディースモデルは2種類です。
どちらもファスナーオープンなので、
脱ぎ履きがとても楽です。
 
●ロングブーツタイプのSHC-8S
¥14,000(本体価格) S〜L
カラー ボルドー、ブラック
マイナス20℃対応
ワイズ 3E
高さ 約28センチ

●ショートブーツタイプのSHC-31W 
¥12,000(本体価格) S〜L
カラー ブラック、ボルドー、ライトブラウン
マイナス15℃対応
ワイズ 3Eマイナス
高さ 約20センチ
雪道や凍結路面に特に強いソールを装備しています(ビブラム・アイストレック)

メンズモデルは1種類です。
●SHC-7AG ¥13,800(本体価格) L〜LL
カラー ブラック、カーキ
ワイズ 3E
高さ 約24センチ
ソールには濡れた氷の上でも滑りにくい、
最先端の防滑素材が使われています(ビブラム・アークティックグリップ)

暖かい足元のために
ぜひお早めにお越しください。
 
ご来店をお待ちしております。
 
 
ショートブーツタイプのSHC-31W
ロングブーツタイプのSHC-8S
メンズモデルのSHC-7AG 

奥むさし駅伝まで、あと1週間

2019-01-20
奥むさし駅伝大会
ひだまり山荘の荻原です。
 
来週の日曜日1月27日は、
飯能で行われる「奥むさし駅伝」です。
 
ひだまり山荘はことしで5回目の出場です。
 
奥むさし駅伝は制限時間が厳しく、
タスキをつなぐのが難しい大会です。
 
昨年の成績は147チーム中82位でした。
タスキはまだつながっていません。
 
僕は昨年から
一番短い4区(4.5km)を走っています。
短いのですが、
それでも僕が大きくブレーキになってしまっています。
 
初参加のときから、
スタッフやひだまり山の会のみんなに
サポートしてもらってますし、
お客様にも大変な応援をしていただいているので
何とかタスキをつなぎたいのですが。
 
ことしも頑張ります。
応援よろしくお願いします。
 
けさは多峯主山にはいかないでロードへ向かったのですが
丘の上公園に登ってしまいました
後方の左に龍崖山を望む
多峯主山を望む

ひだまり山荘トレラン部

2019-01-19
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょうはひだまり山荘トレラン部の活動日。
 
最高の天気に恵まれ、
総勢12名で27㌔走ってきました。
 
久しぶりにきついランで、
僕は疲れました。
 
コース:ひだまり山荘⇒宮沢湖⇒日和田山⇒物見山⇒北向地蔵
    ⇒武蔵横手⇒カマド山⇒永田山⇒多峯主山⇒ひだまり山荘
走行時間:約5時間
宮沢湖にて
日和田山(305m)
駒高にてロウバイをバックに
物見山(375m)
カマド山(293m)
多峯主山(270m)
多峯主山

多峯主トレラン日記  12回目

2019-01-18
ひだまり山荘の荻原です。
 
多峯主山の気温は4℃。
 
雨乞池の近くに、去年の秋の台風で倒された
ヒノキが横たわっています。
 
数日前からその木の皮がむかれていました。
 
誰がやっているのかと気にかけていたら
けさ会えました。

もちろん多峯主山の常連さんでした。
 
楽しそうに皮むきをしていました。
 
皮をむいたあとの、この木肌が最高なんだそうです。
赤ちゃんの肌のようにすべすべしていると言うので
僕も触ってみました。
むいた直後なので冷たく湿気っぽかったですが、
どっしりしていて木のパワーを感じました。
 
皮をむいておくと、
木も腐りにくくなるんだそうです。
 
そして、2、3年前にも、
皮をむいた丸太を4人で太郎坊に担ぎ上げて
ベンチを作ったと話が続きました。
 
エッ、太郎坊ってどこ?
10年以上も多峯主山に通って
まだ知らないところがありました。
 
場所を教えてもらい早速走って行ってきました。
 
太郎坊201m
太郎坊のベンチ
太郎坊からの下り
TOPへ戻る