本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

多峯主トレラン日記 60回目

2018-06-08
富士山の雪がだいぶ消えました
よそから画像を頂きました
ひだまり山荘の荻原です。
 
朝から蒸し暑い中を多峯主山へ向かいました。
 
山頂を越えて八幡神社から雨乞池に降りていくと、
モリアオガエルのタマゴがあるよと
常連さんに教えてもらいました。
 
見ると池のふちに産んでありました。
いつもは池に枝を伸ばした木に産み付けています。
 
 
 
1週間ほどで孵化し、
オタマジャクシは泡の塊の中で雨を待ち、
雨で溶け崩れる泡の塊とともに下の水面へ次々と落下するそうです。
 
モリアオガエルは地域によって
絶滅危惧種に指定されています。
 
無事に孵化してね!
 
雨乞池から谷津田で折り返し再び多峯主山へ
 
多峯主山の男坂の下で、
いつも、このひだまり山荘ブログを見てくださっている
「ひだまり山荘のまわし者」様にお会いしました。
 
 
ひだまり山荘オリジナルの多峯主山Tシャツを
ご愛用いただいています。
 
シューズはモンチュラのビープビープ。

きょうの下山後にもお買い物にきていただきました。
いつもありがとうございます。
 
優勝カップは石川がタイバンコックマラソンで取ってきたものです
 
 
 

両神山に登ってきました

2018-06-07
ひだまり山荘の荻原です。
 
6月5日は、
ひだまり山の会の24人で
秩父の両神山(1,723m)を登ってきました。
 
両神山は、標高が低いのですが日本百名山の一つで、
懐の大きな山でした。
 
朝は天候に恵まれ、登りは快適な登山となりました。
 
コースは清滝小屋コースで、
前半は沢沿いを高巻くようにどんどん高度を稼ぎます。
 
清滝小屋を過ぎると傾斜が増し
尾根に上がると武甲山の方から気持ちの良い風が吹いていました。
 
クサリ場をいくつか越して、
急な尾根を登り切ると両神神社の鳥居があり、
そこからは緩やかな登山道が続き
最後に岩稜を登ると狭い山頂に到着。
 
 

朝の好天はいつの間にか曇り空に変わっていました。
 
時間がおしていたので
記念撮影を済ますとすぐに下山を開始。
 
清滝小屋を過ぎ高度を下げると
蒸し暑くなってきました。
 
夕暮れ前の18時15分ようやく
バスの待つ日向大谷口に下山しました。

■行動記録:飯能(7:07)⇒日向大谷口発(9:23)→清滝小屋(12:04~12:33)→
両神山(14:15~14:30)→清滝小屋(15:51~16:06)→日向大谷口着(18:15)
⇒飯能着(20:15)
■行動距離:10.5km
■行動時間:8時間53分
■高低差:1050m
■消費カロリー:4044kcal
 
 
 
 
 

新緑の名栗でノルディックウォーキング

2018-06-04
所沢店の成田です。
 
埼玉県立名栗げんきプラザでは毎年、
年6回の自然体験プログラム「シニア自然塾」を行っています。

先日5月21日、その公開講座として
ノルディックウォーキングの体験会があり、
僕が講師を勤めてきました。

げんきプラザは自然のなかにありまして、
この季節は新緑に包まれています。

近くに伊豆ヶ岳や武川岳の登山口もあるという立地なので、
多少アップダウンがある場所も歩くことができました。
あ、ノルディックウォーキングのポールは基本的に登山用ではないです。

また、歩くだけではなく、
森林インストラクターでもある名栗げんきプラザの関谷さんに、
花や植物の面白い説明を織り交ぜてもらいながらのウォーキングでした。

参加された18人の方々にも楽しんで頂けたようでした。
 
げんきプラザのブログも下記からご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 

ひだまり山荘トレラン部女子会トレラン

2018-06-02
スタート前のストレッチ
出発準備完了
ひだまり山荘オリジナル、飯能アルプスTシャツ
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょうはひだまり山荘トレラン部の女子会でした。
 
参加者9人に石川を入れて総勢10人の
華やかな女子会でした。
 
 
ぼくはさすがに参加できないので、
撮影係として、
コース前半部の多峯主山までついていきました。

多峯主山を越えて八幡神社で引き返そうとしたとき、
サプライズがありました。
 
なんとニホンカモシカと遭遇!
バッチリ撮影にも成功しました。
 
 
ニホンカモシカは、動きがあまりないので、
みんな間近で見られて大喜び。
 
ぼくはこれで満足し、ひだまり山荘に戻りました。
 
 
このあと女子会は吾妻狭に降りドレミファ橋を渡って龍崖山へ。
下りてきてからジェラードを食べて
飯能河原経由でひだまり山荘へ戻ってきました。
 
約4時間の楽しいトレイルランだったようです。
 
 
 
 
 
 

多峯主トレラン日記57回目&ハセツネカップ

2018-06-01
ひだまり山荘の荻原です。
 
けさは爽やか。
気持ちのよいラン日和でした。
 
多峯主山に上がると
さらに空気も澄んでいて景色が最高です。

しかしきょうは10時から
日本山岳耐久レース、ハセツネカップ(71.5km)のエントリー受付があります。
 
ゆっくりとランを楽しみたかったのですが早々に下山し、
池袋店の中村と共に飯能店のパソコンに向かい
クリックレースに臨みました。
 
30分前からスタンバイし
受付開始を緊張気味に待ちました。
 
結果は、無事2人そろってエントリー競争に勝利しました。
10月、またあの長く苦しいレースに挑みます。
 
 
 
 
 
TOPへ戻る