本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ひだまり山荘海外トレッキングツアー・オーストリアアルプス③

2018-07-24
グッテンベルグハウスを振り返る
小屋から登りなおして稜線上へ
岩峰を回り込んで行く
ガイドのウルフガング
ひと休み
ロープウェイで下山
ひだまり山荘の荻原です。
 
ダハシュタイン山塊3日目です。
 
ダハシュタイン山塊を形作る稜線は岩峰が連なっているのですが、
きょうはその岩峰群の基部を歩きます。
 
 
天気は相変わらずですが、きのうよりは良さそうです。
標高は2000メートルから2500メートルを行きますが、
スタートからレインジャケットを着ました。
 
現地ガイドはウルフガング君。
日本に住んでいたことがあるので、日本語OKでした。
 
いちど小屋から稜線に登り直して
鋭く連なる岩峰のつけ根をカルスト台地を見下ろしながら進みます。
 
 
岩峰のつけ根は、意外と広くて歩きやすい道でした。
所どころに残雪がありますが、それも問題なく歩け、
高山植物はきのう同様にたくさんありました。
 
 
 
ロバの耳の岩といわれる岩峰から3つ目の岩峰を回り込み、
モレーンの谷を標高で500㍍登ると、
シェラートミング氷河の末端へ出ました。
 
 
 
ここから本日最後の岩峰のトップを目指し、
氷河を標高で100㍍登ると、
そこにはエスカレーターが待っていました!
こんなところでエスカレーターとは、さすがアルプスです。
 
 
山頂にはレストラン。
ここはスキー場で
反対側からロープウェイで上がって来られるので、大勢の人で賑わっていました。
 

僕たちも山頂のレストランでビールで乾杯!
お腹を満たしたら
岩峰のてっぺんからロープウェイで、
一気に今までとは反対側のシュラートミング方面に下山しました。
 
 
今夜の宿はシェラートミングの町を見下ろす小高い丘の上に立つホテルです。
四つ星ホテルなので、ゆったり休めますね。
 
 

ひだまり山荘海外トレッキングツアー。オーストリアアルプス②

2018-07-17
ギャルトアルム小屋の前にて
カルト台地へ
道しるべはオーストリアの国旗のペイント
稜線に向けて
ひだまり山荘の荻原です。
 
7月8日、ダハシュタイン山群2日目です。
きょうから2日間、ダハシュタイン山塊をガッツリ歩きます。
 
まずは、ギャイトアルム小屋を出て、
前方に広がる広大なカルスト地形に向かいます。
天気は…不安定な雲行です。
 
 
カルスト地形とは、石灰岩などで構成された大地が
時間をかけて雨水などで浸食された地形です。
この、目の前の地形はカルスト台地で、
白い石灰岩の岩肌が圧倒的です。
 
きょうは、この台地のスカイラインを越えます。
 
 
岩にペイントされた目印を頼りに、
小さな上り下りを無数に繰り返しながら
前方に突き出たロバの耳といわれる岩を目指します。
 
 
ロバの耳の肩を左から回り込むのですが、
ここからは岩場にフィックスされたロープを頼りに、
ぐんぐん登っていきます。
 
 
100メートルくらい登ったと思いますが、
登り切ったところでとうとう降ってきてしまいました。
しかもヒョウです。
 
全員しっかり雨具を着けたのですが、ヒョウは短時間で止みました。
 
稜線に上がると反対側の景色が現れ、
今までの石灰岩の景色が一変して、緑の世界がひろがっていました。
遠くにシェラートミングの町も見えました。
 
 
そしてきょう泊まる山小屋も下の方に見えました。
30分ほど下って少し登り返すと小屋に到着しました。
 
カルスト台地は複雑な地形なうえ小さな登り下りの連続で、、、
小まめに付けられた道しるべがないと
ガスっていたら迷いそうなところでした。
 
そして、この地域は石灰岩だらけなので、
花は期待していなかったのですが、
思いがけず素晴らしいお花畑が多く、
単調なカルスト台地の歩行を楽しませてくれました。
 
 
山小屋はグッテンベルグハウス小屋。
ここまでくるとさすがに泊まり客も少なく、
この夜はゆったりとした山小屋ライフを楽しみました。
 
 
 

ひだまり山荘トレラン・ビギナー部

2018-07-16
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょうはひだまり山荘トレラン・ビギナー部の活動日で、
高麗峠から巾着田を往復してきました。
 
猛烈な暑さのなかでしたが
楽しいおしゃべりランでした。
 
通り過ぎた巾着田では、
バーベキューをしている家族や若者でごった返していました。
 
みんなこの暑さの中でそれぞれ楽しんでいますね!
 
■参加者7名(男/2、女/5)
■走行時間:約3時間
■走行距離:13㌔
 
 
 

多峯主トレラン日記 73回目

2018-07-15
ひだまり山荘の荻原です。
 
11日ぶりの多峯主山でした。
山頂の気温はあさから29℃です。
 
久しぶりに多峯主山です。
 
常連さんと挨拶をかわし、
いたるところに咲き誇るヤマユリを見ながらも、
あまりの暑さに早々に引き上げました。
 
こちらは、
ひだまり山荘スタッフの石川操が取り上げられた
飯能のフリーペーパーです。
 
50歳以上で地域で活躍する人、人生を謳歌している人というコーナーです。
飯能店に置いてありますのでご覧ください。
 
なぜか僕もツーショットで登場しています。
 
 

ひだまり山荘海外トレッキングツアー・オーストリアアルプス①

2018-07-14
ウィーンから列車で移動、トンネル内でした。
ハルシュタット駅からボートで町へ
ハルシュタットから一気に2120㍍の展望台へ
あしたはカルスト台地を越えて左のピークの裏側へ
悪魔のツメ
フィンガーファイブ
ひだまり山荘の荻原です。
 
ひだまり山荘海外トレッキングツアーはことしが14回目です。
 
ことしはオーストリアアルプスの
ダハシュタイン山塊とシェラートミング山塊の2つの山脈での
縦走トレッキングでした。
 
7月5日から13日までの旅で、
勢11名です。
 
オーストリアへは南周りでドバイを経由しウィーンから入りました。
 
 
7月7日、
ウィーンからは電車で3時間、
世界遺産の町ハルシュタットに入りました。
 
近年は中国からの観光客が多いようでとても賑わっていました。
ぼくたちも1時間ほど観光しました。
 
そのあとすぐにトレッキングのスタート。
ダハシュタインを
3日かけての縦走トレッキングします。
 
ダハシュタインは石灰岩の山塊で、
標高約2000メートルのカルスト大地に白く切り立った
岩峰が連続する
特徴的な風景が広がっています。
 
ハルシュタットからロープウェイを使い急峻な岩山を
一気に2120㍍のカルスト大地まで登ってしまいます。
 
ロープウェイ終点から30分ほど歩いて下ると
ファイブフィンガーという、
絶壁の上、空中に5本の突き出たデッキがあります。
 
 
真下にはハルシュタットの町が見えます。
ゾクゾクする高度感でした。
 
ファイブフィンガーを楽しんだあと、
先ほどのロープウェイ終点に登り直し、
反対側のロープウェイで332㍍ほど降ります。
 
 
このロープウェイ終点から、
カルスト台地の中に立つ山小屋までおよそ30分の緩い下りです。
 
山小屋の名前はギャイトアルム小屋。
冬はスキーリゾートで、
1956年のオリンピックでアルペンスキー三冠王の
トニーザイラーもよく来ていた山小屋だそうです。
(♪ヤーヤッホー、ヤーヤッホー、こ~だまがこたえるよ~)
 
 
週末でしたので小屋は満室でしたが、
我々だけでひと部屋確保できました。
食事はおいしく、ワインもおいしかったです。

天気は、一日を通して不安定な曇り空でした。
 
あすはほぼ一日中カルスト台地の上を歩いて
次の山小屋グッテンベルグ(2141㍍)を目指します。
 
 
 
TOPへ戻る