本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

伊豆ヶ岳から子ノ権現

2019-04-22
伊豆ヶ岳山頂にて
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょうは、
水戸のお客様26人を案内して、
奥武蔵の伊豆ヶ岳から子ノ権現を歩いてきました。
 
山は芽吹きの時期でとてもきれいです。
先週は咲いてなかった花も
いろいろ咲いてて
気持ちがアップしました。
 
参加者はひだまり山の会のメンバーと
ほぼ同年代のようでした。
 
この年代の方はみなさんとても強いです。
 
約10㌔を6時間で元気に歩き通しました。
伊豆ヶ岳への最後の登り
子ノ権現にて
子ノ権現
滝不動への下り

奥武蔵もろやまトレイルランレース

2019-04-22
ひだまり山荘の荻原です。
 
きのう4月21日(日)は、
スポーツエイド・ジャパン主催の
「第8回新緑の奥武蔵もろやまトレイルランレース」がありました。
 
ひだまり山荘は早朝から
レース会場の毛呂山総合運動公園に
出店いたしました。
 
今回のレースには、
ひだまり山荘トレラン部メンバーが
とても多く参加していたので、
ひだまり山荘のテントの周りは
とてもにぎやかでした。
 
24㌔と13㌔の種目があり、
ひだまり山荘スタッフの石川も13㌔に
出走するのに、
レース直前まで参加選手のお世話をして
働き回っていました。
 
さて、10時と10時10分、
レースがスタートすると、
ようやく毛呂山運動公園に静けさにつつまれ、
ちょっとだけまったりした時間が流れました。
 
それもつかの間、
すぐに13㌔コースの選手が戻ってきました。
 
ひだまり山荘スタッフの石川が、
女子では1番最初に笑顔でゴールに飛び込んできました。

あれよあれよという間に一日が終わりました。
 
僕は走らないのに、クタクタになりましたが
気持ちのいい1日でした。
 
選手のみな様ひだまり山荘をご利用いただき
ありがとうございました。
 

多峯主トレラン日記  43回目

2019-04-20
ひだまり山荘の荻原です。
 
日の出が早くなって、
家を出るときは、
太陽が高くなってきました。
 
けさの多峯主山の山頂の
気温は12℃でした。
 
きのうより5℃低く、
しかも風があったので
少し肌寒かったですが、
トレランには気持ちの良い気候です。
 
あすはスポーツエイド・ジャパン主催の
「第8回奥武蔵もろやまトレイルラン」レースが
開催されます。
 
ひだまり山荘は会場に出店いたします。
選手のみな様、そして応援のみな様のご来店を
お待ちしています。
 
ひだまり山荘スタッフの石川が
13㌔のコースに出場します。
 

多峯主トレラン日記  42回目

2019-04-19
ヘイロウバンデッド ¥2,200
ひだまり山荘の荻原です。
 
けさの多峯主山の山頂の
気温は朝から17℃でした。
走っている僕には、
暖かいというより、暑くなります。
 
暑くなるとると汗をたくさんかきます。
いちばん困るのは、
その汗が目の中に入ってくることです。
 
そこで最近使っているのが、
汗が目に入らない究極のヘッドバンドです。
 
アメリカ生まれのヘイロウバンデッド。
 
吸汗、速乾のヘッドバンドに
スウェットブロックシールがついています。
 
このシールが、目に、
汗や日焼け止めクリームが流れ込むのを防ぎます。
 
目の周りの汗拭きのわずらわしさから
解放されて、
思った以上に快適です。
 
ヘイロウバンデッドは、
ひとつ\2,200~\3,000(本体価格)です。
黒以外にいろんな柄がありますので、
店頭でどうぞご覧ください。
 
日和田山を望む
雨乞池のイチゴ
ヘイロウバンデッド各種
黄色の部分がスウェットブロックシール

大持山、小持山、武甲山

2019-04-18
ひだまり山荘の荻原です。
 
4月16日は、ひだまり山の会の17人で、
奥武蔵の北部の山を登ってきました。
 
コースは、
名栗川水源の道から登り始め、
ウノタワから大持山(1.294m)、
小持山(1.273m)、武甲山(1.304m)とつないで、
秩父鉄道の浦山口に降りる、
奥武蔵の名コースです。
 
もう1、2週間遅ければ、
アカヤシオをはじめ、いろいろな花や新緑に
会えたのですが、
ことしは特に花が遅いようで、残念でした。
 
武甲山頂上からは、
秩父市羊山公園のシバザクラ群生が見えましたが。
 
しかし、この日は眺望が特別に素晴らしかったです。
雪をかぶった谷川連峰から浅間山、
そして北アルプスの後立山連峰、南アルプスまでがよく見えました。
 
みんなで山の景色を堪能した1日でした。
 
雪が少し残っていた
浅間山を望む
左に両神山、遠くに北ア・後立山連峰
武甲山と後ろは谷川連峰
武甲山山頂より秩父市内、羊山公園の芝桜が見えました。
浦山口へ下山
TOPへ戻る