本文へ移動

ひだまり山荘ブログ

新規・ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

間もなく、富士登山のシーズンです

2019-06-24
吉田口から富士山頂を望む
池袋店の五味です。
 
約1週間で7月1日、
そう富士山(吉田ルート)山開きです。
 
今シーズン、富士登山を計画している方、
準備は整いましたか?
 
まだ、という方に、
富士登山におススメのザックをご紹介します。
 
ドイター スピードライト30SL(レディース) 15,500円(本体価格)
カラー:ブラック、グリーン、レッド
サイズ:30リットル
重量:860g
 
このザックの特長は、何といっても軽さ。
機能性を必要最低限にすることで、
重量860gを実現しました。
30リットルクラスのザックで
800㌘台はなかなかありませんよ。
この軽さ、女性には本当に嬉しいですよね。
 
また、背面メッシュは通気が良くフィット感もバッチリ。
行動時間の長い富士登山にピッタリです。
 
他にも、シューズやポール、
機能性ウェアなどたくさん取り揃えております。
 
天候はめまぐるしく変わり、
標高が高くなれば気温も下がります。
紫外線だけでなく、寒さ対策を忘れずに、
準備万端で日本一の山に臨んでくださいね!
 
富士登山のご相談は、
ぜひ、ひだまり山荘まで…。
お気軽にお声をおかけください。
 
ご来店、お待ちしております。
 

第8回 両神山麓トレイルラン

2019-06-23
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょう6月23日は、
スポーツエイド・ジャパン主催の
「両神山麓トレイルランレース」がありました。

梅雨ということもあり、
不安定な天気でしたが、
何とか最後まで降られずにもちました。
 
レースは、
20、7㌔、11.1㌔、5㌔の3種目で、
20.7㌔コースには、
ひだまり山荘トレラン部からも
たくさん選手として参加しました。
 
このレースは、
整備されたトレイルでの
スピードレースなので、
待って応援するにも力が入りました。
 

ひだまり山荘トレラン部トレラン始めよう!

2019-06-22
ひだまり山荘の荻原です。
 
きょうはトレラン部トレラン始めよう!
の参加者14人と、
スタッフ3人の17人で、
天覧山から多峯主山をグルグルしてきました。
 
スタート前にストレッチ体操(果林メソッド)を
30分ほど行い、
十分に身体をほぐしてからスタートしました。
 
きょうの天気予報は、
雨になったり、くもりになったりしていましたが、
朝の7時ごろにザーッと降って、
ピタリとやみました。
 
スタート時も、
今にも降り出しそうな雲行きでしたが、
いつものようにおしゃべりと笑い声がそんな天気を
かき消していました。
 
天覧山から多峯主山をまわってふたたび
天覧山に戻ってきたところで、
ついに大粒の雨が降ってきました。
 
トレランでかいた汗を、
シャワーで流すかのような
きょうのラストランになりました。
やはり梅雨ですね。
スタート前のかりんメソッド
八幡神社にて
雨乞池
きょうもいい練習しました。

多峯主トレラン日記  72回目

2019-06-21
雨乞池のドクダミ
ひだまり山荘の荻原です。
 
けさは多峯主山の山頂はガスっていました。
天気は曇りで、気温は20℃でした。
 
 
昨夜は、ひだまり山荘で、
ひと月ぶりの
ストレッチ教室(果林メソッド)がありました。
 
久しぶりにヨガマットの上でのストレッチ。
それでなくても硬い身体がますます硬くなっていました。
 
1時間45分のストレッチですが、
終わってみれば身体の可動域が広がって
スッキリしました。
 
改めてストレッチの大事さを
実感することになりました。
 
それでもひとりでこんなに長い時間
ストレッチをやれるかというと、
まず、できません。
 
ですからひだまり山荘でやるこの1時間45分が
とても貴重な時間になります。
 
次回は7月11日(木)7時45分からです。
お薦めです。
ぜひ体験してみてください。
山頂の北側はガスのなか
霧の向こうに微かに見える天覧山
雨乞池のアジサイ

奥多摩の生藤山に登ってきました

2019-06-19
ひだまり山荘の荻原です。
 
きのう6月18日は、
ひだまり山の会の29人と、
奥多摩の生藤山(しょうとうさん)へ行ってきました。
 
梅雨期にもかかわらず天候に恵まれて、
大勢で楽しい会山行になりました。
 
中央線藤野駅で下車して、
バスに乗り換え鎌沢入口バス停で下車。
 
生藤山は、
以前は笹尾根の1ピークという
認識が多かったのですが、
この鎌沢入口側尾根のサクラ並木が注目されてから、
こちらから登られることが
多くなったようです。
 
登山口まで、
50分も舗装された急勾配の道を歩きました。
 
やっと山道に入り、
ゆるい尾根道を登ると、
山道の両側に
結構大きなサクラの木がたくさん続いていました。
サクラのプロムナードというそうですが、
サクラの半数は、元気がないようでした。
 
尾根を1時間半登ると、笹尾根、三国山到着です。
ここはハセツネ(日本山岳耐久レース)のコースとなっています。
僕としては、
ここを今年も走るのかと思いながら、
ハセツネとは逆方向に、生藤山を目指しました。
 
山頂で集合写真を撮ってから、
長い列は、笹尾根伝いに茅丸、連行山を越えて、
山ノ神から和田に下山しました。
 
 
登山中にタチアオイが咲いていました。
花は下から順番に咲いていき、
一番上の花が咲くと梅雨が明けるといういわれがあるそうです。
 
コースタイム
鎌沢(8:33)→登山口(9:27)→佐野川峠(10:02)
→三国山(11:09~11:43)→生藤山(11:55)
→茅丸(12:21)→連行蜂(12:34)→和田(14:41)
距離:9.4㌔
時間:6時間7分
高低差:684m
累積標高:登り843n/下り835m
鎌沢入口
茶畑
先に行くほど急こう配
ひと休み
三国山でランチタイム
三国山でランチタイム
TOPへ戻る